limul(リムル)のジュエリーとは

  • ¥ 27,000
  • トップのアンティークサンゴは地中海産のサンゴです。アンティークのため、所々に大小のくぼみがあります。(人為的なものではありません。もともとあった自然のものです)。 アンティークビーズは主に東南アジアで交易用に流通していたものです。 これらの中には、古代の黄色のビーズ(6-8c)やサンゴも混じっています。 トップのサンゴの下にある金細工はハンドメイドのK18金細工です。 ネックレスの長さ・65cm

  • ¥ 12,650 SOLD OUT
  • 青いビーズは中国の清朝時代につくられたビーズで、パドレビーズとも呼ばれています。 たてながの白い素材は白サンゴでベトナム産です。他の小さいアンティークビーズは東南アジアで交易用に流通していたものです。 夏らしい爽やかなネックレスです。 ネックレスの長さ・44cm(金具は925シルバー)

  • ¥ 34,650
  • トップのストライプ文様ペンダント型ガラスビーズはローマ時代後期からイスラム時代の初め頃に作られたものです。その両側にはねじれ形のガラス(12-14世紀・イラン)をアレンジしました。 白い色の素材は白サンゴ(ベトナム産)・その他のアンティークビーズは20世紀初め頃に流通していたビーズです。金細工はすべてK18金細工。

  • ¥ 29,700
  • トップはインダス文明の矢じりの形をした、ステアタイト(凍石)です。 インダスの頃は金属の道具がまだ、無かった時代なので、植物系の素材で加工できる、比較的柔らかい石をジュエリーにしていました。 乳白色のアンティークビーズはベネチアで作られ、アフリカ交易用に輸出されていました。 金細工はすべてK18です。 ネックレスの長さ・41cm

  • ¥ 11,000
  • ガーネット(インド産)とカーネリアン・K18金細工(カット)のブレスです。 全体に明るい色合いにまとめました。 金具はシルバーに金メッキの磁石タイプです。 ブレスの長さは約18cm。

  • ¥ 11,000
  • 淡水パール(中国産)は養殖ですが、着色をしていないナチュラルな綺麗な色のパールです。 白サンゴ(ベトナム産)は比較的暖かく、浅い海に生育するサンゴです。 金細工はカットしていますので、キラキラと輝きます。 夏にふさわしい爽やかな色合いのブレスです。 金具はシルバーの磁石タイプです。 ブレスの長さ・約18cm

  • ¥ 11,000
  • イタリアサンゴとカーネリアン、そしてK18金細工(カットした金細工なのでキラキラします)を組み合わせた、ブレスです。(金具はシルバーに金メッキした磁石タイプです)

  • ¥ 38,500
  • ラピスラズリアフガニスタン・バタフシャン地方産の最高品質のラピスラズリです。 ササン朝ガラスビーズはササン朝ペルシャ時代(3-6C)のものでイランのガラス工房跡から出土したものです。現代では再現できない独特の色合いのビーズです。 アンティークビーズは東南アジアで交易用として流通していました。 ネックレスの長さ74cm。

  • ¥ 16,500
  • ラピスラズリとクリスマスビーズのロングネックレスです。 ラピスラズリはアフガニスタンのバタフシャン地方産の最高品質のラピスラズリです。 このラピスラズリは古代エジプト・メソポタミア文明の頃から、交易品として運ばれていました。クリスマスビーズはベネチア・オランダ・ボヘミアからアフリカ向けに輸出されていたカラフルなビーズで特に、西アフリカの人々がクリスマスの時期に好んでつけていたことから この名前がつきました。ロングネックレスですので2連でもお楽しみいただけます。 ネックレスの長さ・83cm

  • ¥ 27,500
  • トップのカーネリアンはハニーカーネリアン(蜂蜜色)と呼ばれるミャンマーにだけ産出する珍しい石です。クリスマスビーズはベネチア・ボヘミア・オランダ産のビーズを組み合わせた、カラフルなビーズです。西アフリカでクリスマスの時期に好んで身につけられたことから、名前がつきました。 ネックレスの長さ・78cm

  • ¥ 13,200
  • ラピスラズリとK18ホワイトゴールドのブレスです。 金具はシルバー925の磁石タイプです。 ブレスの長さ・約18cm

  • ¥ 13,200
  • ラピスラズリとK18金細工のブレスです。 金具は金メッキの磁石タイプです。 ブレスの長さ約18cm

  • ¥ 13,200
  • ラピスラズリとK18金細工のブレスです。 金具は金メッキの磁石タイプです。 ブレスの長さ・18cm

  • ¥ 28,600
  • たてながの金細工はハンドメイドで作りました。(表面はつやけし) ピアスの長さ(金具部分を除く)約2cm

  • ¥ 35,750
  • アンティーク水晶は岩水晶(ロッククリスタル)からハンドメイドで加工されたもので 20世紀初めの水晶です。(ミャンマー産)尚、一部小さい水晶は現代のブラジル産水晶です。 ヘマタイトは金属のような光沢のある石です。昔はこの石は表面を研磨して鏡の代わりに使われていたようです。 全体の長さ・80cm

  • ¥ 68,750
  • このアンティーク水晶はすべて、スモークを帯びた石で、透明な典型的な水晶ではありませんが、独特の色合いが個性を引き立てる、ボリューム感のあるネックレスです。 パイプ形の金細工はすべてK18金細工です。 小さい石はムーンストーン(現代・インド産)です。 これから夏に向けて爽やかな雰囲気を感じるネックレスです。 ネックレスの長さ43cm・トップの石の大きさ・2cm×1cm

  • ¥ 46,500
  • トップの金細工はハンドメイドで作ったK18金細工です。表面はつや消しにしています。 サンゴはイタリアのサルディニア島産、アンティークビーズは19世紀から20世紀初め頃に 東南アジアで交易されていたものです。 全体に明るくカラフルな雰囲気のネックレスです。 全体の長さ・42cm

  • ¥ 46,750
  • トップの古代ガラスビーズ(トンボ玉と日本では呼ばれています)は10世紀から12世紀頃のものです。 ササン朝ペルシャガラスは3世紀から6世紀頃のガラスビーズです。ササン朝ペルシャ時代は日本の正倉院にもガラス器なども伝来していました。 ねじれ形のガラスビーズは12世紀から14世紀のイランで作られたものです。 ネックレスの長さ・45cm

  • ¥ 39,600
  • ササン朝ペルシャ時代のガラスビーズとアンティークサンゴ(インド洋産)を交互にアレンジして、所々に白いアンティークベネチアガラスビーズを入れたネックレスです。 ネックレスの長さ・42cm

  • ¥ 71,500
  • 古代青銅(バクトリア王国・アフガニスタン)・BC2-BC1世紀頃)を使ったリングです。 このリングは出土したリングの状態の良い陰刻部分だけを切り抜き、新たにシルバーでリファインした作品です。 青銅は腐食しやすいため、完全な形で残っているものはほとんどありません。 この馬のデザインは首の所に翼?のようなものが彫られているため、ギリシャ神話のペガサスと思われます。 古代バクトリア王国(グレコバクトリア時代)のもので、当時はギリシャ本土からはるばる移民したギリシャ人が植民都市を形成していました。 シルバー部分は古代ギリシャ風に作りました。 ペガサス部分・約1.1cm×0,8cm、リングサイズ13号(サイズ変更は無料です)

  • ¥ 71,500
  • 古代青銅は3~5世紀ごろに作られたリングの正面部分(デザイン部分)だけを削り取ったものです。特に青銅製のリングは腐食等でリングの腕の細いパーツが切れていたり、欠落していることがよくあります。 この青銅リングは男性の顔が陰刻されています。自分の顔に似せてつくるように職人に頼んだのかも知れません。また、このような陰刻されたもの(印章)は現代の印鑑のように商取引等につかわれていた可能性もあります。(西アジア出土・イラン周辺) シルバーの細工は古代ギリシャ風のデザインにしました。 顔の部分・1.5cm×1cm、リングサイズ・15号(サイズ変更は無料にて承ります)

  • ¥ 19,800
  • ヒマラヤ山脈(ネパール西部の山岳地帯)から出たアンモナイトの化石です。 ヒマラヤ山脈はインド亜大陸がユーラシア大陸と衝突し、隆起して形成されました。 当時、海だった場所からアンモナイトや三葉虫の化石などが出ます。 アンモナイトはサリグラムと現地では呼ばれ、神聖な石です。 シルバー細工もネパールの伝統的職人がハンドメイドで作りました。 アンモナイトの大きさ・1.2cm リングサイズ・12号(サイズ変更は無料で承ります)

  • ¥ 19,800
  • このトルコ石は希少なチベット産の天然トルコ石です。 シルバーもすべてハンドメイドで作りました。 サイズ・12号(サイズ変更代金は無料で承ります)

  • ¥ 126,500
  • K18のハンドメイド(打ち出し技法)による四角の金細工です。 このデザインはミャンマー最古の王国・ピュー王国時代のものを忠実に再現しました。 蓮は3面・ほら貝が1面・横は花柄です。 古代から宗教的な吉祥文様が金細工のデザインになっていました。 トップの四角の金細工・1cm×1cm・ネックレスの長さ・46.5cm