リング

  • ¥ 71,500
  • 古代青銅(バクトリア王国・アフガニスタン)・BC2-BC1世紀頃)を使ったリングです。 このリングは出土したリングの状態の良い陰刻部分だけを切り抜き、新たにシルバーでリファインした作品です。 青銅は腐食しやすいため、完全な形で残っているものはほとんどありません。 この馬のデザインは首の所に翼?のようなものが彫られているため、ギリシャ神話のペガサスと思われます。 古代バクトリア王国(グレコバクトリア時代)のもので、当時はギリシャ本土からはるばる移民したギリシャ人が植民都市を形成していました。 シルバー部分は古代ギリシャ風に作りました。 ペガサス部分・約1.1cm×0,8cm、リングサイズ13号(サイズ変更は無料です)

  • ¥ 71,500
  • 古代青銅は3~5世紀ごろに作られたリングの正面部分(デザイン部分)だけを削り取ったものです。特に青銅製のリングは腐食等でリングの腕の細いパーツが切れていたり、欠落していることがよくあります。 この青銅リングは男性の顔が陰刻されています。自分の顔に似せてつくるように職人に頼んだのかも知れません。また、このような陰刻されたもの(印章)は現代の印鑑のように商取引等につかわれていた可能性もあります。(西アジア出土・イラン周辺) シルバーの細工は古代ギリシャ風のデザインにしました。 顔の部分・1.5cm×1cm、リングサイズ・15号(サイズ変更は無料にて承ります)

  • ¥ 19,800
  • ヒマラヤ山脈(ネパール西部の山岳地帯)から出たアンモナイトの化石です。 ヒマラヤ山脈はインド亜大陸がユーラシア大陸と衝突し、隆起して形成されました。 当時、海だった場所からアンモナイトや三葉虫の化石などが出ます。 アンモナイトはサリグラムと現地では呼ばれ、神聖な石です。 シルバー細工もネパールの伝統的職人がハンドメイドで作りました。 アンモナイトの大きさ・1.2cm リングサイズ・12号(サイズ変更は無料で承ります)

  • ¥ 19,800
  • このトルコ石は希少なチベット産の天然トルコ石です。 シルバーもすべてハンドメイドで作りました。 サイズ・12号(サイズ変更代金は無料で承ります)